洗顔石鹸には、大きく分けて弱酸性の物と弱アルカリ性の物があります。
一体、どちらを使用するのがいいのでしょうか。

まず、人間のお肌は弱酸性となっています。
したがって、弱酸性の洗顔石鹸の方が、顔には優しいですしダメージを与えることもほとんどないのです。

特に、肌とほとんど同じph濃度であれば、肌への負担は全くと言っていいほどありません。
そのため、多くの人から人気もありますし、CMなどで宣伝されるケースも多いです。

ただ、弱酸性の洗顔石鹸には欠点もあるのです。
どうしても汚れや古い角質を落とす効能は、弱アルカリ性に比べると劣ってしまうのです。

したがって、人によっては弱アルカリ性の洗顔石鹸の方がいい場合もあるのです。
肌が汚れやすい人などは、弱酸性では落としきれないことが多いのです。

ただ、弱酸性の肌に弱アルカリ性は良くないイメージがありますが、決してそんなことはないのです。
よっぽど肌質が弱い人は控えた方がいいかもしれませんが、普通のお肌の人であれば、弱アルカリ性の石鹸を使用しても、そこまで負担になることはないのです。

最終的に、どちらを使用するかは自分次第ですし、自分の肌質と汚れ具合に応じて選ぶようにしましょう。