洗顔をする回数についてですが、基本的には朝と夜の1日2回行うのが一般的です。
ただし、その人の肌質によって一概に1日に2回がベストとは言えないのです。

例えば、敏感肌の人や元々肌が弱い人などは、1日2回だとかえって逆効果になってしまう可能性もあるのです。
刺激が少ない洗顔石鹸であっても、それなりに肌への影響はあるわけですから、肌荒れや乾燥の要因になりかねないのです。

そのため、人によっては夜だけ洗顔石鹸で顔を洗い、朝は水洗いだけの方がいいかもしれないのです。
ぬるま湯でしっかりと洗えば、石鹸無しでもある程度汚れは落ちるのです。
朝は汚れも溜まりにくいですから、肌が弱いのに無理に石鹸で洗う必要もないと言えるのです。

逆に、肌が汚れやすい人や脂が溜まりやすい人などは、1日2回洗顔石鹸でしっかりと洗うのがいいでしょう。
場合によっては、昼間も石鹸無しで軽く洗顔した方がいいかもしれません。
このように、人によって朝も夜も洗った方がいいのか、夜だけ洗った方がいいのかは異なるのです。

もちろん、優先すべきは自分の肌質ですから、たとえ肌が汚れやすい人であっても、肌への刺激が強いようであれば、夜だけにしておくのがいいかもしれません。