洗顔石鹸は、固形物ということもあってか、どうしても保管する場所に少し困ってしまいます。
風呂場に保管している人も多いでしょうが、熱や水滴などで溶けてしまうので、そうなると使用できる回数も減ってしまうことになるのです。

だからと言って、1回1回箱に戻すのも面倒でしょうし、そもそも使用してすぐに箱に入れるのも無理があるでしょう。
では、どのようにして保管しておけばいいのでしょうか?

方法としては、上から蓋を被せるのが無難かもしれません。
ただ、通気性が悪いとドロドロになってしまうので、通気性が良い蓋を被せる必要があります。

もしくは、網に入れておく方法もあります。
これならそのまま使えることもあって、かなり便利だと思います。

正直、洗顔石鹸の保管に関しては、あまり気を遣っていない人が多いと思います。
そのまま石鹸を乗せる容器の上に置いたままの人が大半だと思います。

もちろん、それがダメだというわけではないのですが、先ほども言いましたが溶けてしまい容量が少なくなってしまいますし、石鹸の質も悪くなってしまう可能性があるのです。

だからこそ、石鹸の保管場所も多少は気を遣って、万全の状態で使用するのがベストだと言えるのです。